カテゴリー: 未分類

大型犬や中型犬そして小型犬といって犬のサイズにもさまざまな種類があります。特に大型犬は丈夫で病気をあまりしないようなイメージはありますが、体が大きいことで、特に関節を痛めてしまう犬が多くなっています。また心臓病といった病気もありますので、ドッグフードで栄養成分をしっかりと補う必要があります。できるだけ胃に負担を掛けないようなドッグフードを与えることが重要です。それぞれの犬の種類を考えながらドッグフードを選んでいくことが大変重要な事ですし、年齢も考えていかなければいけません。高齢犬に関しては、体の機能が低下していますので合う食事を与えることが必要です。ドッグフードを選ぶ時には、子犬そして成犬、老犬といった区分になります。

成長に合わせたドッグフードが販売されています。体に合わないドッグフードを与えてしまうと、栄養過多や栄養失調となってしまいますので注意しましょう。また老犬に関しては、運動量もかなり減ってきますので、カロリー計算もドッグフードで調節しながら与えるようにしましょう。いくつか種類のあるドッグフードを選ぶことに関しては、犬に合ったものを選び成分内容もしっかり把握して選んで購入することがとても大切です。

Pocket

ドッグフードの種類は、国産や外国産などを一緒にするとかなりの種類があります。またそれぞれ抱える病気に対応しているドッグフードもありますし、犬のサイズに合わせてカロリー計算されているドッグフードがあります。カロリーはその犬の種類に合ったものをあたえることで、健康を維持することができますしどんなに食いつきがよくても規定の量を与えてしまえば、肥満や他の病気になってしまいます。基本的にドッグフードのカロリーは、少し高めに作られていますので、1日に決められた量をあたえることで十分な栄養は摂取することができます。また、歯石や歯垢予防といった磨き粒を配合して作られたドッグフードもありますので、歯磨きが嫌いな犬に関してはこのようなドッグフードを選んで与えるのも良いでしょう。

犬種によっては運動量が激しいものもいますので、カロリーの量も違います。運動をするということは、それだけ筋肉が多くついているということになりますので、筋肉維持に良いビタミンやたんぱく質などを多く含んだドッグフードを選ぶようにしていくとバランスの良い体型が維持できます。免疫力が生まれつき弱い犬もいます。そのような場合は、獣医師に相談することで免疫力を高めるようなドッグフードを勧めてくれますので相談してみましょう。

Pocket

ドッグフードを選ぶときには、まず犬の大きさを考える事と犬の生活に合わせたものを選ぶことです。犬にも大きさがあります。小型犬や中型犬、そして大型犬です。今は超小型犬もいます。犬のさまざまなサイズによってドッグフードも種類分けして販売されていますので、自身の愛犬の大きさをしっかりと把握しておくことが必要です。犬のサイズを無視してドッグフードを与えてしまうことがいけない理由は、各サイズの犬に対して含まれる栄養素も違いますし、カロリーも違いがあります。ドッグフードの成分量に関して関係なく犬に与えてしまうと肥満の原因にもなりますし、何らかの病気になってしまう可能性もありますので気を付けましょう。

基本的に犬のサイズは大型犬、中型犬、小型犬とざっくり分かれていますが、体重が個々で違います。ドッグフードには、目安となる体重の表記もありますので、確認して選ぶようにすると良いでしょう。最近では超小型犬もいますので、与える食事の量なども適量を与えていくようにしましょう。また、無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。やはり添加物は健康に悪影響をもたらします。ですので、体重や犬の体質などを把握して、愛犬に合ったドッグフードを選ぶようにしていく事が大切です。

Pocket

国産や外国産とドッグフードにはたくさんの種類がありますので、初心者ではどのようなものを選んでよいのか迷ってしまうこともあります。しかし、ドッグフードのポイントをしっかりと理解しておくことで、迷うこともありません。ドッグフードは、毎回の食事としてあたえるものと、おやつとして与えるもの、そしてアレルギーや得病をもった犬に対して与えるものなどに分けられます。目的ごとに選ぶことでも、迷わず購入することができます。愛犬の体の事を考えると、添加物を多く使っているものは極力控えるようにしましょう。犬は基本的に肉食です。しかし現代では人間と同じように、野菜などを含めたバランスの良いドッグフードも販売されています。病気やアレルギーなどの症状のある犬以外は、基本的にお肉を基本としたドッグフードを与える方が良いでしょう。

最近のドッグフードには、色付けされているものもありますが、これは添加物が特に多く使われていることが考えられますので、与えることを控えた方がよいです。できるだけ保存料や着色料などを加えていないドッグフードを愛犬には与えるようにしましょう。添加物が多く使われているものを与え続けていくと、アレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。犬は基本、肉食だと考えてドッグフード選びをしていきましょう。そして成長に合わせて粒の大きさや軟らかさも変えていくようにすることで、スムーズな成長をしていきます。

Pocket