ドッグフードをきちんと選ぼう

国産や外国産とドッグフードにはたくさんの種類がありますので、初心者ではどのようなものを選んでよいのか迷ってしまうこともあります。しかし、ドッグフードのポイントをしっかりと理解しておくことで、迷うこともありません。ドッグフードは、毎回の食事としてあたえるものと、おやつとして与えるもの、そしてアレルギーや得病をもった犬に対して与えるものなどに分けられます。目的ごとに選ぶことでも、迷わず購入することができます。愛犬の体の事を考えると、添加物を多く使っているものは極力控えるようにしましょう。犬は基本的に肉食です。しかし現代では人間と同じように、野菜などを含めたバランスの良いドッグフードも販売されています。病気やアレルギーなどの症状のある犬以外は、基本的にお肉を基本としたドッグフードを与える方が良いでしょう。

最近のドッグフードには、色付けされているものもありますが、これは添加物が特に多く使われていることが考えられますので、与えることを控えた方がよいです。できるだけ保存料や着色料などを加えていないドッグフードを愛犬には与えるようにしましょう。添加物が多く使われているものを与え続けていくと、アレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。犬は基本、肉食だと考えてドッグフード選びをしていきましょう。そして成長に合わせて粒の大きさや軟らかさも変えていくようにすることで、スムーズな成長をしていきます。

Pocket

Comments are closed.